インターネット販売認定証

雑誌に紹介されました!


AHCCについて

AHCCとは、Active Hexose Correlated Compoundの頭文字を取った略称です。また、担子菌(キノコ類)の菌糸体を大型タンクで長期間培養して得られる抽出物で、シイタケ(Lentinulla edodes)属に属する担子菌の菌糸体(植物でいうところの根に当たる部分)を液体培養したものから抽出される植物性多糖類の総称です。
これまで難しいとされてきました担子菌(キノコ類)の菌糸体を長期培養ですが、AHCCは独自の無菌維持設備培養条件により、長期培養を可能としたのです。

AHCCの成分

AHCCはアガリクス(Agaricus blazei Murill)や乾燥シイタケ(Lentinulla edodes)と比較して、糖質を豊富に含むことがわかっています。この糖質成分は主に多糖類であると考えられています。

担子菌(キノコ)由来の機能性成分としては一般にβ-グルカンが知られているが、AHCCにはβ-グルカンは0.2%程度しか含まれておらず、α-グルカン が多く含まれている点でも、他のキノコあるいはキノコ由来の食品と異なっている。中でも2位および3位の水酸基が部分的にエステル化されたα-1,4-グ ルカンの存在が報告されており、活性成分のひとつであると考えられています。

この「部分エステル化α-グルカン」は単に担子菌培養物の抽出によっては得られず、AHCC独自の製造過程において通常のα-グルカンが酵素的に修飾を受けて生じたものであると推定されています。

AHCCの安全性

AHCCの原料である担子菌は食用のシイタケの菌糸体であり、その食経験からも食品としての安全性については嫌疑のないところであるが、AHCCそのものの安全性については、GLPに準拠した種々の安全性試験が実施されています。

AHCC の安全性の検討は、ラットによる単回経口投与毒性試験、単回腹腔内投与毒性試験、4ヶ月反復投与毒性試験、変異原性試験のほか、ヒト健常人に対する安全性 試験などにより、無毒性であることが報告されており、食品としての安全性が確認されています。また、1989年に商品化されて以来、重篤な 副作用は報告されていません。

AHCCの主な研究成果

AHCCについてはこれまでの研究で「化学療法剤の副作用軽減作用」、「免疫調節作用」、「感染防御作用」、「抗炎症作用」が報告されている。この中で化学療法剤の副作用軽減作用については、臨床の現場において生存率及びQOLの有意な改善が認められています。

AHCCは医薬品ではなく食品であり、機能性食品として中国、タイ、韓国などではFDAの認可を受けているグローバルな素材なのです。特に韓国(KFDA)では「生体防御能力向上の助けになるが、人体試験を通した確認が必要である」とのヘルスクレームが許可されています。

【参考文献】
「AHCCの基礎と臨床 ―最近の話題―」
“Basic and Clinical Study of AHCC ―Recent Topics―”
三浦健人、北館健太郎、西岡 浩 (アミノアップ化学)
日本補完代替医療学会誌 Vol.6 No.1

AHCC製品「イムノエース」

AHCC製品「イムノゴールドSS」